シミを気にする女性
コラム

シミを薄くするスキンケア方法!影のない明るく美しい肌色を取り戻す!

毎日スキンケアをしていても、気が付くと増えている顔のシミ。

とくに頬にできるシミは目立ちやすく、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

しかし、正しいスキンケア方法を知って実践することで、シミを薄くすることができます。

シミに効果的なスキンケア方法は3つ。「基礎化粧品はラインで使用する」「美白美容液をお手入れにプラスする」「ハイドロキノン配合の化粧品を使う」について、解説します。

シミについて

日差しを浴びる女性

シミを薄くするスキンケア方法を知る前に、シミについて詳しく知っておきましょう。
シミのメカニズムについて理解すると、スキンケアの大切さや効果的な仕方がよく分かるため、お手入れの効果が出やすくなります。

ここでは「シミの原因」と「スキンケアで薄くできるシミとできないシミ」について解説します。

シミの原因

顔にシミができる原因は複数あり、それぞれの原因が重なり合って起こる場合もあります。
シミができる原因の代表例は次のとおりです。

紫外線
シミの原因で最も代表的な例が紫外線です。紫外線は、季節、天気問わず1年中地上に降り注いでおり、肌に到達してダメージを与えています。

肌は、紫外線を浴びると、基底層にあるメラノサイトから茶褐色から黒色のメラニンを放出して皮膚を守り、一時的に肌は茶色っぽくなります。メラニンはターンオーバーにより、1カ月程度で自然に剥がれ落ちて排出されるため、通常、肌は自然に白く戻ります。

ところが、紫外線量が多い場合や、長時間浴び続けると、メラニンが過剰に生成されて排出が追い付かなくなり、肌に蓄積することでシミになっていくのです。

誤ったスキンケア
スキンケアは本来肌を健やかに保つためのものですが、仕方を誤るとかえって負担となりシミをつくる原因となります。

例えば、スキンケアの時に手の圧が強く、顔に摩擦が起こると、肌は防御反応としてメラニンを多く分泌してシミができます。また、細胞を守るため、肌表面を厚くする力が働き、顔に透明感がなくなってくすみがでることで、さらにシミが濃くなることもあるのです。

ニキビ跡・外傷・火傷
肌にニキビの炎症、火傷、外傷が起こると、皮膚を守るためにメラノサイトが活性化し、メラニン色素が過剰に生成されてシミができやすくなります。

火傷や外傷については、傷跡の形のまま色素沈着が起こってシミになるので、形もいびつで、傷跡が大きいほど目立つのが特徴です。

女性ホルモンの乱れ
女性ホルモンのバランスが乱れると、肌は一時的に黒色メラニンを過剰に分泌させてシミをつくります。

女性ホルモンが乱れる原因として、過剰なストレスや、寝不足、バランスの悪い食事などの生活習慣の乱れが挙げられます。また、妊娠、出産、更年期、閉経時も、ホルモンの量が大きく変化するので、シミができやすく注意が必要な時期です。

スキンケアで薄くできるシミとできないシミ

シミを薄くするために、化粧品を使ったスキンケアは有効です。しかし、シミには種類があり、スキンケアで薄くできるものとできないものに分けられます。

事前に、今あるシミがスキンケアで対処できるかチェックしておきましょう。シミの種類とそれぞれスキンケアで薄くできるかについては、下記PDF資料を参照ください。

シミの種類は全5種類!シミチェック表

シミに効くスキンケア方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4493992_s-1.jpg

シミの中でも、老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑であれば、化粧品を使ったスキンケアで薄くできます。

シミを薄くする効果的なスキンケア方法は「基礎化粧品はラインで使用する」「美白美容液をお手入れにプラスする」「ハイドロキノン配合の化粧品を使う」ことの3つです。

シミを薄くするスキンケア方法1. 基礎化粧品はラインで使用する

基礎化粧品は、単体で使うよりもライン使用を行うと、肌の状態が十分に整えられてメラニンを促し、シミを薄くできます。

ライン使用とは、クレンジングフォーム、洗顔フォーム、化粧水、乳液、クリームの5種類の基礎化粧品を同じメーカーで揃えて使用することを指します。基礎化粧品5種類それぞれの役割は、次のとおりです。

クレンジングフォーム
メイクなど油性の汚れを落とす役割があります。毛穴の奥まで入り込み、空気に触れて酸化した油汚れを落とすので、黒ずみをなくし、透明感のある肌をつくります。

洗顔フォーム
汗、皮脂、ほこりなど水溶性の汚れを落とす役割があります。古い角質も除去するので、メラニンの排出を促し、くすみやシミを防ぎます。

化粧水
水を多く含み、肌にうるおいを与えて弾力や透明感を出します。肌の水分量が多くなると、日焼けしにくくなるため、メラニンの生成を抑えられてシミ予防に繋がります。

乳液
化粧水とクリームを繋ぐ乳化の役割を持ちます。水分と油分がバランスよく配合されているので、化粧水のみを使うよりも保湿力を高めてシミを予防します。

クリーム
油分を多く含み、化粧水と乳液の後に重ねることで、水分の蒸発を防ぎます。有効成分の配合量も多いため、シミに効く成分が配合されたクリームを使えば、効率よく薄くできます。

5種類の基礎化粧品は、それぞれ役割が異なるため、1つでも欠けると肌に必要な役割が不足します。すると、スキンケア効果の低下に繋がるため、シミが濃くなる原因になるのです。

化粧品メーカーも、基礎化粧品をつくる際は、5種類すべてを使うことで美容効果が最大限高められるように設計しています。

スキンケアでシミを薄くするためには、基礎化粧品はライン使用を行い、シミのできない肌づくりを徹底することが大切です。

美白美容液をお手入れにプラスする

シミを薄くするためには、毎日のお手入れに美白美容液をプラスすることも有効です。

美容液は、基礎化粧品の中で最も有効成分の配合量が多く、肌トラブルを改善する効果が高い特徴があります。そのため、美白に特化した有効成分が含まれた美容液を使うことで、肌全体が白くなり、シミを薄くできるのです。

美白美容液によく配合されている有効成分は次のとおりです。

ビタミンC誘導体
活性酸素を除去する効果があるため、これからできるシミを予防し、すでにできてしまったシミについても、これ以上濃くならないように働きます。また、肌の新陳代謝を高める効果があり、ターンオーバーを促進してメラニンの排出を助け、すでにできてしまったシミを薄くしてくれます。

コウジ酸
活性酸素や炎症を抑えて、肌のシミを予防する働きがあります。美白効果と保湿効果が高く、くすみをとってシミを薄くし、目立たなくしてくれます。

プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出されたもので、アミノ酸やミネラルを豊富に含み、ハリ、弾力、美白など美肌効果に優れた成分です。保湿力も高く、肌の水分量を高めてターンオーバー促進するので、メラニンを排出しシミを薄くします。

アルブチン
厚生労働省から認可された美白有効成分の1つで、チロシナーゼといわれる酵素の働きを抑制しメラニンの生成を予防します。低刺激で安全性が高く、敏感肌の人も使いやすいことが特徴です。

トラネキサム酸
アミノ酸の一種で、美白効果があり、メラニンの生成を抑えてシミの発生を予防します。また、抗炎症効果にも優れており、ニキビや外傷による色素沈着を抑え、シミを防ぐ働きも期待できます。

シミを薄くする美容液を購入する際は、パッケージの成分表をチェックし、自分に合う美白美容成分が入っているか確認しましょう。成分表の上位に表示されているほど、配合量が多く効果を実感できるため、美白有効成分が上位6番目までに記載がある美容液を選ぶことをおすすめします。

自分に合う美白有効成分が分からない場合は、美容液のパッケージ「薬用(医薬部外品)」と記載のあるものを選びましょう。薬用と書かれた美容液は、一定の濃度の美白有効成分が配合されているため、迷った時の目印になります。

ハイドロキノン配合の化粧品を使う

シミを薄くするために、ハイドロキノン配合の化粧品も役立ちます。

ハイドロキノンとは、メラニンをつくるメラノサイトを減少させる成分で、美白有効成分であるアルブチン、ビタミンC、コウジ酸に比べて約100倍の美白効果が期待できるといわれています。また、色素沈着やメラニン色素の合成を抑えて還元する作用があり、すでにできてしまったシミを薄くします。

肌の漂白剤といわれるほど効果は強烈で、管理も難しかったため、以前は医師のものでしか使用できませんでしたが、近年薬事法の改正により市販の一般化粧品にも配合されるようになりました。ただし、市販の化粧品に含まれているハイドロキノンは、安全性に考慮して、濃度は半分以下にとどめられており、医薬品に比べて効果が緩やかな特徴があります。

とはいえ、他の美白有効成分に比べて効果が高い反面、肌に負担はかかりやすく、人によってはかゆみ、赤み、白斑などの副作用が起こることも少なくありません。

ハイドロキノン入りの化粧品を使用する場合は、事前にパッチテストを行い、使用しても問題ないかチェックしてから使うことをおすすめします。

安全かつ確実にシミ対策ができるノエビアのリンクルセラム

NOEVIRリンクルセラム

引用:NOEVIR

前述した3つのスキンケアの中でも、ハイドロキノン入りの化粧品は美白効果が高く、シミを薄くするために有効ということが分かります。しかし、ハイドロキノンには副作用があり、負担がかかるとかえって肌が傷つきシミを濃くなることが懸念されます。

シミのケアを行う際は、安全性と有効性がともに高い化粧品を使うことが極めて重要といえるでしょう。

ノエビアの美容液「リンクルセラム」は、確かな美白効果と安全性の両方を叶えるアイテムのひとつです。

リンクルセラムには、厚生労働省からシミとシワをダブルで改善することを認められた「ナイアシンアミド」が配合されています。ナイアシンアミドは、メラニンの黒色色素の輸送経路を断つことで、肌表面にシミとして浮かび上がらないようにする働きがあります。

そのため、この先できるシミを予防することはもちろん、肌に透明感を出し、すでにできてしまったシミを濃くしない肌づくりを可能にします。

また、ナイアシンアミドは肌の真皮まで浸透して、肌にうるおいと弾力を与え、表面の小じわから深く刻まれた大ジワまで改善してくれます。リンクルセラム1本で、シミとシワを同時に解消できるので、透明感とハリが蘇り、一気に肌が若々しくなります。

また、ノエビアの化粧品に使用されている成分はすべて植物由来のもので、安全性に十分配慮しているため、敏感肌の人も安心して使用できます。

ノエビアは、自然派化粧品のパイオニアとして40年以上も植物の研究に努めてきました。今回のリンクルセラムについても、ナイアシンアミドに加えて、シワやシミ予防に有効な植物エキスを配合することで「スーパーナイアシンアミド」といわれる独自の組合わせを発案し、お客様に十分に効果を実感していただける商品を開発しております。

実際に使用されたお客様からは、

「シミの中央が透明になって目立たなくなった」
「顔全体が明るくなってシミも薄くなって気にならなくなった」
「敏感肌で美容液を塗ると肌荒れしていたが、リンクルセラムは問題なく使えた」
「肌の弾力がアップして透明感が出た」

というお声を多数頂戴しており、シミやシワなどのエイジングサインに悩んでいる方に好評価をいただいております。

下記写真をご覧ください。海外の双子の姉妹で、シミ予防のケアをした女性としなかった女性の顔写真です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: istockphoto-479651172-1024x1024-3.jpg

向かって右側の女性は、まったくシミ予防のお手入れをしてこなかったため、シミはもちろん、シワ、たるみなどのエイジングが進み、まるで左の女性とは親子の歳の差に見えるほどです。

シミは、効果的なお手入れで日ごろからケアをしておかないと、ますます増えていき、顔全体を茶色くくすませます。症状が進めば、シワ、たるみなども起こりやすくなり、老けた印象に繋がっていきます。

年齢を重ねても美しい肌をキープできるよう、一刻も早く効果的な化粧品を使ってお手入れを開始しましょう。

シミ安全に確実に改善したい、シミ・シワなどエイジングを総合的にケアしたいとお考えで、ノエビアリンクルセラムについて詳しく知りたいという人は、RIRI Salon (リリサロン)までお問合せください。

商品についての詳しい説明や効果的な使い方を、無料カウンセリングにてご提案させていただきます。

ノエビアリンクルセラムの商品情報はコチラ

シミを薄くするために必要な生活習慣

生活習慣

シミを薄くするためには、生活習慣にも配慮しましょう。スキンケアと併せて行うことで、シミの改善スピードが上がり、効果を実感しやすくなります。

ここでは、シミを薄くするために効果的な生活習慣として「紫外線対策の徹底」と「美白効果のある食べ物の摂取」を紹介します。

紫外線対策を徹底する

紫外線は、シミを発生させる最大の原因であり、たるみやシワなど肌老化にも繋がるため入念な予防が大切です。

最も簡単にできるUVケアは、日焼け止めを塗ることです。毎日、朝のスキンケアの最後に塗る習慣をつけましょう。1年の中でも、3月からはとくに紫外線量が多くなるため、「SPF50+ ++++」と記載されたUVカット効果の高い日焼け止めを使用することをおすすめします。

また、紫外線を避けるために帽子や日傘の使用も有効です。紫外線は、目からも侵入するのでサングラスを着用することも対策となります。さらに、紫外線カットの効果を高めるために、複数の対策を組合わせて行いましょう。

紫外線は、季節、天候問わず1年中降り注いでおり、窓を通り抜けて入ってくるため、室内にいるときでも忘れずに対策を行うことが大切です。

美白効果のある栄養素を摂取する

シミは、美白効果のある栄養素を摂ることで、体の内側から改善できます。スキンケアとの相乗効果で、シミ改善に役立てましょう。

美白に有効な栄養素は下記を参照ください。

栄養素の美容効果一覧

シミを薄くするスキンケアは効果と安全性の高い化粧品で行う!

スキンケア

シミには種類が複数あり、老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑であれば、化粧品を使ったスキンケアで薄くできます。

シミに効果的なスキンケア方法として「基礎化粧品はラインで使用する」「美白美容液をお手入れにプラスする」「ハイドロキノン配合の化粧品を使う」ことの3つを解説しました。なかでもハイドロキノン入りの化粧品は美白効果が高く優秀ですが、刺激も強いため肌に負担となりやすい点がデメリットです。

本記事では、確かな美白への有効性と安全性の両方を叶え、シワも同時に解消してくれる美容液としてノエビアのリンクルセラムを紹介しました。

さらにリンクルセラムの有効性を知りたい方、あるいは商品に興味をお持ちの方は、RIRI Salon(リリサロン)へお問合せください。あなたのお肌の状態をヒヤリングしながら、リンクルセラムの効果効能について、より詳しくご紹介いたします。

同時に、リンクルセラムの正しい使い方、効果を最大限引き出すためのポイントについてもお伝えします。

また、スキンケアに加えて、毎日の生活習慣の中でシミ対策を行うと、相乗効果で改善スピードが早くなるといわれています。そのため、RIRI Salonでは、スキンケアカウンセリング(無料)を実施し、シミに効く生活習慣などのアドバイスも行っています。

RIRI Salonは「お客様を全員必ず美しくする」という想いをモットーに、お客さまの肌に向き合い、一人ひとりにあった最も適切なお手入れ方法のご提案を心がけています。アフターフォローも万全なことから、1カ月で効果を実感されるケースも多く、ご紹介やリピーター率が高いことも当サロン自慢のひとつです。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

お問合せ

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA