コラム

30代に適した化粧水の選び方!保湿力を高めて乾燥からうるおい肌へ

女性の美肌づくりに必要となる、肌のうるおい。しかし、30代になると肌のうるおい不足を感じ始める人が多くなります。

そのため、30代の女性が化粧水を選ぶときは「保湿力」「美容成分」が高いものに加えて、使いやすい「価格帯」の3つのポイントを意識するようにしましょう。

ここでは、30代の正しい化粧水の選び方について説明します。

30代の肌について

minimalist photography of hanged 30 balloons

30代は肌の曲がり角を迎え、20代の時に体験しなかった乾燥やくすみなどが起こります。
ここでは、30代の肌の特徴と感じ始める肌老化について説明します。

30代の肌の特徴

30代になると、肌の水分量と皮脂量が減少し、バリア機能が低下します。
そのため、外的刺激から肌を守る力が弱くなるため、さまざまなトラブルが起こります。

とくに、年齢に関わらず皮脂量が多いTゾーン、皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元、Uゾーンは油分と水分のバランスが崩れることで、肌トラブルが現れます。

30代で感じ始める肌の老化

30代では、皮脂量と水分量が少なくなることによる「乾燥」が起こります。

乾燥はすべての肌トラブルの元といわれており、悪化すると、「キメの乱れ」「くすみ」「シミ」「シワ」「たるみ」「大人ニキビ」「毛穴」など肌の老化を引き起こします。

人によっては、30代で妊娠・出産などのライフイベントを迎えるかたもいます。妊娠・出産はホルモンバランスが乱れやすくなるため、期間中は前述したような肌老化を起こすことがあります。

30代の化粧水の選び方

two Onne toiletry bottles on white textile

30代は20代の肌状態と違うため、30代の肌にあった化粧水を選ぶことが必要です。

ここでは、30代が化粧水を選ぶときの3つのポイントを紹介します。

保湿力の高い化粧水であること

30代は20代の頃より肌の水分量と油分量が減るので、保湿力の高い化粧水で補ってあげましょう。

化粧水に配合される高保湿成分は次のとおりです。

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・グリセリン

高保湿成分の中でもセラミドは水分を蓄える力が強く、効果を実感しやすいといわれます。
セラミドには種類があり、中でも「ヒト型セラミド」は人間の肌に素早く浸透し、高い保湿効果を発揮します。

ヒト型セラミドは、セラミドの後に数字またはアルファベットがついて、成分表に表記されます。アルファベットは旧表示、数字は新表示で、成分に違いはありません。化粧水を選ぶときの参考にしてください。

また、成分表のはじめの方に記載されているほど有用成分の配合量が多いので、高保湿成分が記載されている位置も意識して見るようにしましょう。

肌トラブルに合う美容成分が配合されていること

30代は肌の乾燥が原因で、さまざまな肌トラブルが起こります。
保湿と併せて、肌トラブルにアプローチする美容成分が配合された化粧水を選びましょう。

・毛穴、たるみ
毛穴・たるみには、肌のハリ・弾力をサポートする成分が配合された化粧水を選ぶとよいでしょう。
代表的な成分には、レチノール、ナイアシン、ビタミンC誘導体があります。
肌を引き締める効果が期待できます。

・シミ
シミには、メラニンの生成を抑える美白有効成分が配合された化粧水がおすすめです。
代表的な成分は、プラセンタエキス、アルブチン、ビタミンC誘導体です。

医薬部外品や薬用と記載された化粧水は美白有効成分が入っているので、判断に迷った時の参考にするとよいでしょう。

・荒れ性
荒れ性には、肌のキメを整える成分が配合された化粧水がおすすめです。
ハトムギはセラミドを生み出しバリア機能を改善する働きがあり、荒れ性の改善に役立ちます。
春秋の肌が揺らぐ季節にはとくに集中して使用すると肌状態が安定します。

・くすみ
くすみには、血行を促進して新陳代謝を促すビタミンEが配合された化粧水がよいでしょう。
肌のターンオーバーが正常化し、古い角質が剥がれ落ち、透明感のある肌になります。

使い続けられる価格帯であること

化粧水は、スキンケアで毎日使用するため、無理なく購入できる価格帯を選びましょう。

高価な化粧水を購入すると、スキンケアを継続することがストレスとなる場合があります。

収入と支出のバランスを考慮して化粧水を購入し、無理なく行いましょう。

30代のスキンケアのコツ

person holding amber glass bottle

化粧水の効果を十分実感するためには、お手入れ方法にコツがあります。
ここでは、化粧水の効果的な使い方と併せて行いたいスペシャルケアについて説明します。

化粧水の効果的な使い方

化粧水のつけ方は、手で行う方法とコットンで行う方法と2つあります。
今回は、肌に負担がかかりにくい手でつける方法を紹介します。

<化粧水をつける手順>
1.適量の3分の2の化粧水を手のひらにとり温める。
2.顔全体になじませる。
3.残り3分の1を手に取り、目元、口元に重ねて塗る。
4.両手のひらで顔を包み、ハンドプレスする。

洗顔後の肌は必要な水分や油分まで落ち、乾燥しやすくなっているため、化粧水をすぐにつけるようにしましょう。

また、最後にハンドプレスすることで、化粧水の浸透力を高めることができます。

化粧水を手でつける場合は、基本的に摩擦は起こりにくいものの、1回の使用量が少なすぎると滑りが悪くなり肌を傷つけます。

化粧水の量は適量を守り、足りない場合は必ず足すようにしましょう。

スペシャルケア

30代を迎えたら、化粧水以外のスキンケア化粧品も取り入れてお手入れを始めていきましょう。
ここでは、30代におすすめのスペシャルケアについて紹介します。

<化粧品をライン使用する>
ライン使用とは、お手入れをクレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームの順に行い肌を整えることです。

化粧水だけが優れていても、肌に汚れが残っていては浸透力が悪くなり十分な効果を実感できないので、クレンジングや洗顔で肌の汚れをしっかり落とすことが大切です。

また、化粧水は肌につけても短時間で蒸発するため、乳液、クリームで油分を補い、蓋をしておく必要があります。

化粧水を含めた5つの工程を行うことで、肌を清潔に、健やかに保つことができます。
なお、特別気になる肌トラブルがある場合は、ライン使用に美容液をプラスするのもおすすめです。

ライン使用によって肌が整っていれば、美容液の効果も実感しやすくなります。

<週1回のピーリング>
30代になると新陳代謝が乱れ、古い角質が肌に溜まり、くすみやシミなどが起こりやすくなります。

ピーリング剤は、ターンオーバーを正常化し肌の状態を整えます。毛穴の汚れを吸着して取り除くため、肌を引き締める効果も期待できます。

ただし、ピーリング剤はやりすぎると角質を薄くしバリア機能を低下させてしまうため、頻度は週1回にとどめましょう。

ピーリングに配合されている成分は次の通りです。

・サリチル酸
・グリコール酸
・AHA(フルーツ酸)

ピーリング効果が高いのはサリチル酸ですが、肌に負担がかかりやすい特徴があります。
対して、グリコール酸やAHA(フルーツ酸)のピーリング効果は中程度で肌に負担が少ない傾向があります。

敏感肌や乾燥肌のかたは、肌に負担が少ないピーリング剤を選ぶと安心です。

30代は有効な化粧水を効果的に使ったスキンケアを行うこと!

女性スキンケア

30代は20代より水分量と油分量が減って乾燥しやすい肌になり、トラブルが増え老化を感じやすくなります。

30代が化粧水を選ぶときのポイントは「保湿力が高い」「肌トラブルに合う美容成分が配合」「無理のない価格帯」の3つです。

また、「化粧水を単体ではなくライン使用でお手入れする」「週1回のピーリングで新陳代謝を高める」ことで、肌を清潔に健やかに保つことができます。

30代を迎えたら、本気になって肌のお手入れに取り組みましょう!

「30代に合う化粧水についてもっと詳しく知りたい!」「30代に合う化粧水に今すぐ出会いたい!」人は、こちらへお問合せください。

お問合せ

R1R1

30代♀。愛知県常滑市で自宅サロンをしております。
得意分野はスキンケア。
お肌は、目や歯と同じく取り換えの利かない一生ものです。
お客様の肌をいつまでも健やかに保つために、効果的なお手入れ方法をお伝えしています。

<資格・受講研修>
日本化粧品検定1級取得
NOEVIRスキンケアアドバイザー研修受講済
NOEVIRスキンケアカウンセリング研修受講済
NOEVIRメイクアッププライマリー研修受講済
NOEVIRカラー研修受講済

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA