たるみ
コラム

50代のたるみに効く美容液の選び方!ハリツヤのある若々しい肌へ

50代を迎えると、肌を美しく保つ成分の分泌が減少し、たるみやシワなど肌の老化が進んでいきます。

とくに、たるみはメイクで隠せないため、常に人の目に晒された状態となり改善したいと悩んでいるかたも少なくありません。

50代のたるみは、美容液をプラスしたお手入れで予防しましょう。

ここでは、50代のたるんだ肌に効果のある美容液の選び方について説明します。

美容液を選ぶときは「高保湿成分」「ハリを与える成分」「エイジングケア成分」が配合されているかチェックしましょう。

50代のたるみと有効なスキンケアについて

woman in stripe shirt covering her mouth with her hand

50代を迎えると肌の弾力が失われて、たるみに悩むかたが増えていきます。
ここでは、「50代の肌の特徴」と「たるみに有効なスキンケア」について説明します。

50代の肌の特徴

50代の肌は、弾力が失われてたるみやすく、老化をはっきりと感じやすくなるのが特徴です。

肌がたるむ原因は、加齢と更年期による女性ホルモンバランスの乱れによって起こります。

加齢や女性ホルモンの乱れは、コラーゲンやエラスチンなどハリを出す成分を減少させて肌をたるませるのです。

また、皮脂分泌を減らして肌を乾燥しやすくするため、シワ、くすみなどの肌トラブルが増えていきたるみに繋がります。

数ある肌トラブルの中で、たるみは肌の老化を感じさせるだけではなく、毛穴を楕円形に広げてキメの粗い肌を作る原因にもなります。

50代の肌の特徴を知って、たるみに有効な対策をとり予防を心がけましょう。

50代のたるみに有効なスキンケアについて

50代のたるみを予防するには、美容液を使ったスキンケアが有効です。

美容液は、スキンケア化粧品の中で最も有用成分の配合量が多い特徴があります。
つまり、たるみに効く有用成分が多く入った美容液を使えば、高い効果を実感できるのです。

しかし、美容液の効果を十分に実感するためには、肌の状態を整え浸透力を高めておく必要があります。

浸透力を高めるためには、「クレンジングや洗顔による洗浄」と「化粧水、乳液、クリームによる保湿」が欠かせません。

美容液の使用は、十分な洗浄と保湿によるスキンケアにプラスして行うようにしましょう。

50代のたるみに効く美容液の選び方

clear glass perfume bottle on white textile

50代のたるみに効く美容液の選び方にはコツがあります。
美容液を選ぶときは、次の3つを重視しましょう。

高保湿成分が入っていること

50代の皮脂分泌量は、30代に比べると約3分の1まで低下するといわれています。

皮脂量が減って乾燥した肌は、バリア機能が低下してたるみやすくなります。

弾力のある肌を作るためには、高保湿成分が配合された美容液を使って肌にうるおいを与えましょう。

とくに、下記に挙げる高保湿成分は、浸透力や吸水率が高いため、たるみ予防に有効です。

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン

セラミドは肌と成分が近いため自然に馴染みべたつかず、肌のすみずみまで美容成分が行き届きます。

また、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンも肌に備わっている成分なので、肌なじみがよい特徴があります。肌への負担も少ないため、デリケートな50代の肌にも安心して使用できます。

肌にハリを与える成分が入っていること

50代のたるみは、肌のハリが不足している状態です。肌のハリを保つためには、肌の弾力を補う成分が入った美容液を選びましょう。

ハリのもととなるコラーゲンの生成を促す働きがある成分は次のとおりです。

・レチノール
・ナイアシンアミド
・ペプチド

とくに、レチノールはコラーゲンを生成する効果が高く評価されています。
また、紫外線ダメージを軽減する効果もあり、肌老化の原因となる活性酸素の発生を減らしてエイジングを予防します。

一方、ナイアシンアミドは、肌の代謝をあげて血流をよくしターンオーバーを促進する働きを持ちます。そのため、肌の修復がスムーズになり、たるみを予防することができます。

このように、コラーゲン生成の他にもエイジング予防に有効な働きを持つ成分は、たるみ以外の肌トラブルも同時に予防できるため、非常に心強い存在です。

肌を整えるエイジングケア成分が入っていること

たるみを起こさないためには、肌の状態を整えて老化スピードを緩める必要があります。
とくに、エイジング予防効果が高い成分は、次のとおりです。

・プラセンタ
・プラチナナノコロイド
・ビタミンC誘導体

プラセンタは、新陳代謝をあげて肌の生まれ変わりを促進します。
ターンオーバーの正常化は、ダメージを受けて老化が進んだ50代の肌を速やか修復し、若々しく美しい肌に導きます。

プラチナナノコロイドは、コラーゲン生成の作用によりたるみを予防します。さらに、肌が受けたダメージを抗酸化作用で最小限にとどめる働きがあります。

ビタミンC誘導体については「コラーゲン生成によるたるみの予防」「メラニンの還元によるシミの予防」「皮脂抑制効果による炎症予防」の効果があり、すべて老化予防に欠かせない働きで非常に優秀な成分といえます。

スキンケアと併せて行いたい50代のたるみの予防法

white and blue plastic bottle on beach shore during daytime

50代のたるみの予防法は、スキンケア以外にもあります。
ここでは、たるみを予防する「食生活」と「エクササイズ」について紹介します。

たるみを予防する食生活について

たるみを予防する食べ物の特徴は次の2つです。

・抗酸化作用があること
・女性ホルモンと同じ働きがあること

肌の老化は、体内に活性酸素が発生して起こります。
そこで、抗酸化作用のある食べ物を多く摂取し、体内に発生した活性酸素を除去して老化を予防しましょう。

抗酸化作用のある食べ物には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。例えば、小松菜などの緑黄色野菜、果物、アーモンドなどのナッツ類は配合量が多く積極的に摂取したい食べ物です。

基本的にどのような調理方法で食べても問題ありません。
しかし、ビタミンCは水に溶けやすく栄養が流れやすいため、スープや鍋など栄養を余すことなく摂れる調理法を選んで食べることをおすすめします。

また、女性ホルモンと同じ働きを持つ食べ物については、肌のハリを出す効果があります。

代表的な栄養素は、大豆イソフラボンとオメガ3系脂肪酸です。納豆、豆腐、マグロ、サバ、えごま油に多く含まれています。

更年期によって女性ホルモンが減少しているかたは、積極的に摂取するようにしましょう。

50代のたるみを予防するエクササイズについて

50代のたるみは、表情筋を鍛えるエクササイズで予防ができます。ほうれい線や二重あごにも効果があり、短時間でできるため忙しいかたも気軽にチャレンジできます。

ここでは、たるみ予防エクササイズを2つ紹介します。
手順は次のとおりです。

・あいうー体操
1.口を大きく開けて「あー」と声を出す。
2.口角をあげて「いー」と声を出す。
3.口をすぼめて「うー」と声を出す。
4.それぞれ10秒ずつのばし、5セット繰り返す。

・ペットボトルを使ったエクササイズ
1.500mlのペットボトルに水を少量入れる。
2.机の上に置き、唇でキャップ部分を挟んで持ち上げて10秒保つ。
3.机の上に静かに戻す。3セット繰り返す。

表情筋が鍛わると、表情が豊かになり若々しい印象になります。
肌だけでなく、雰囲気もエイジングケアできる非常に優秀なエクササイズです。

50代のたるみは美容液を使ったお手入れで予防する

smiling woman in red tank top

50代は、加齢と更年期による女性ホルモンバランスの乱れによりたるみが起こりやすくなります。

50代のたるみは「高保湿成分」「ハリを与える成分」「エイジングケア成分」が配合された美容液で予防しましょう。

また、食事では抗酸化作用や女性ホルモン作用のある食べ物を摂ること、併せて表情筋を鍛えることで効率的に予防できます。

たるみを引き上げ、若々しく加齢に負けない肌を作りましょう!

「たるみに効く美容液についてもっと理解を深めたい!」「たるみに効く美容液を今すぐ手に入れたい」という人は、コチラにお問合せください。

お問合せ

R1R1

30代♀。愛知県常滑市で自宅サロンをしております。
得意分野はスキンケア。
お肌は、目や歯と同じく取り換えの利かない一生ものです。
お客様の肌をいつまでも健やかに保つために、効果的なお手入れ方法をお伝えしています。

<資格・受講研修>
日本化粧品検定1級取得
NOEVIRスキンケアアドバイザー研修受講済
NOEVIRスキンケアカウンセリング研修受講済
NOEVIRメイクアッププライマリー研修受講済
NOEVIRカラー研修受講済

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA