コラム

乳液の選び方のコツを紹介!自分の肌に合うものを選んで美肌力を高めよう

基礎化粧品の中でも、保湿の役割をする乳液。自分の肌に合ったタイプを選ぶことで、スキンケア効果を高め美しい肌づくりができます。

実は、乳液には保湿成分以外にもさまざまな美容成分が配合されています。スキンケアを行う時はぜひ取り入れていきましょう。

ここでは、自分の肌に合う乳液の選び方やコツについて紹介します。

乳液を選ぶときは、肌質、使用感、年齢、肌悩みの4つの観点で選ぶことが大切です。

乳液ってなに?役割や種類を知って理解を深めよう

乳液の画像

乳液は、基礎化粧品の1つで、商品には乳液の他に、エマルジョンやミルクと記載されていることがあります。
ここでは、「乳液の役割」と「乳液の種類」について紹介します。

乳液の役割

乳液は、基本的に化粧水の後に使用し、化粧水を蒸発させないように肌に蓋をする役目があります。また、乳液には油分と水分がバランスよく配合されており、肌の水分と油分を補給する役割も果たします。

乳液を使うと、肌の水分が保たれて、キメが細かくうるおいのある肌に変わります。

肌の水分と油分のバランスが整い、バリア機能が高まり、肌をしっかり保護すると同時に刺激に強い肌を作ることも可能です。

クリームとの違い

乳液と混同されやすい基礎化粧品の1つにクリームがあります。クリームは乳液よりも油分が多く、徹底した保湿をするために使用します。

化粧水とクリームは水と油で交じり合わないので、繋ぎとして乳液が必要です。乳液には界面活性剤が入っており、乳化効果があるためです。

クリームを使う場合は、化粧水、乳液、クリームの順で使用し、クリームを使う場合でも乳液は欠かせません

乳液の種類

乳液には4種類あり、それぞれ特徴や効果が異なります。種類別に紹介します。

  •  保湿乳液
    一般的に「乳液」といわれているものは、保湿乳液のことを指します。
    肌に蓋をして、肌に入れた化粧水の蒸発を防ぎ保湿する働きがあります。また、乳液自体にもうるおい成分や油分が入っており、保湿効果を高める効果があります。
    保湿乳液を使うと、キメが細かく美しい肌になります。また、うるおいが入って肌が柔らかくなり、化粧品の成分の浸透力が高まります。
  • UV乳液
    UV乳液は、保湿乳液の効果と、紫外線カット効果を併せもつ乳液です。UVカット乳液、日焼け止め乳液と呼ばれているものも同じ効果があります。通常は、スキンケアを終えた後メイクアップの前に日焼け止めを使いますが、UV乳液を使用することで、日焼け止めを塗る手間が省けます。あるいは、UV乳液の後に日焼け止めを重ねて使えば、より徹底した紫外線対策が可能です。
  • ティント乳液
    ティント乳液は、乳液に肌色がついており、化粧下地として使用可能です。また、コントロールカラーが入ったものもあり、肌トラブル隠し、肌色を均一にする効果があります。
    ティント乳液を使えば、化粧下地を使う手間が省け、メイクアップの時間短縮になります。また、まるでメイクをしたかのように、肌をキレイにみせることができます。
  • 皮脂抑制効果のある乳液
    皮脂抑制効果のある乳液は、過剰な皮脂分泌を抑制する働きがあります。
    ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、皮脂分泌を抑え、炎症を鎮める効果があります。
    皮脂抑制効果のある乳液を使うと、ニキビになりにくくなり、滑らかな肌になります。

乳液の選び方のコツ!自分にぴったりのものを選ぶには?

乳液を選ぶ画像

乳液を選ぶときには、肌質、使用感、年齢、肌悩みの4つの観点で選びましょう。

すべてを網羅できる乳液を選ぶことで、ストレスなく長期的に使えます。

肌質で選ぶ

肌質は5つに分けられます。ここでは、肌質別におすすめの乳液を紹介します。

  • 普通肌
    普通肌は、どんなタイプの乳液を使っても問題ありません
    肌が綺麗で、トラブルも少ない普通肌ですが、加齢とともに皮脂量が減り、乾燥肌に傾きやすいので、保湿効果の高い乳液を使うとよいでしょう。
  • 脂性肌
    脂性肌は、皮脂分泌抑制タイプの乳液がおすすめです。
    余分な皮脂を抑えながら、必要なうるおいを肌に閉じ込める乳液を使うことで、肌の皮脂バランスが良くなり肌トラブルが少なくなります。
皮脂抑制効果のある成分
ビタミンC誘導体、ライスパワーNo.6、ダイズエキス、ダイズ種子エキス、ローヤルゼリーエキス
  • 乾燥肌
    乾燥肌は、高保湿成分の入った乳を使いましょう。
    乾燥肌はバリア機能が低下して刺激に敏感になりやすいため、低刺激で安全性の高い保湿成分を選ぶことも重要です。
低刺激な高保湿成分
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン
  • 混合肌
    混合肌は、保湿力の高い乳液を選びましょう。
    混合肌は、顔に乾燥した部分と脂っぽい部分が混在します。しかし、脂っぽい部分も乾燥している場合があるので、基本的に保湿力のある乳液を使えば顔全体をカバーできます。乾燥の部分と、脂っぽい部分とで、塗布量を調整するなど工夫して使うのもよいでしょう。
顔の皮脂分泌量の画像
  • 敏感肌
    敏感肌は、保湿力が高く、肌への刺激が少ない乳液がよいでしょう。
    香料、着色料、アルコールなどの刺激物が無添加のものを選び、使用前にはパッチテストを行って肌にトラブルが出ないかどうか確認することも大切です。

<パッチテストの方法>

  1. 入浴後、乳液10円玉の大きさほど取り出し、二の腕の内側に塗布する。
  2. 24時間後に様子を見て、赤み、腫れ、かゆみなどがないかチェックする。
  3. 異常がなければ、再びおなじ箇所に塗布する。
  4. 24時間後に確認し、異常がないことを確認する。
パッチテスト画像

使用感で選ぶ

乳液を使う時、「よい香りである」「気持ちがよい」と感じられると、心がほぐれて肌への吸収率が上がり、乳液の効果が肌に表れやすくなります。

また、使用感のよい乳液を選ぶことで、スキンケアのモチベーション維持にも繋がります。

新しい乳液を試す時は、まずサンプルを使い、香りやテクスチャが好みであるかどうかを確認してから購入を決めましょう。

年代で選ぶ

年代が変われば肌が変わり、肌トラブルも変化していきます。
それぞれの年代の肌に効果的な乳液を選ぶことで、スキンケア効果を実感しやすくなります。

  • 20代
    油分は少なめでうるおいを与える乳液を選びましょう。
    20代は皮脂分泌が他の年代と比べて活発ですが、仕事のストレス、ホルモンバランスの乱れにより肌が乾燥しやすく、乾燥ニキビや肌荒れを起こします。
    うるおい成分の入った乳液を使い、肌の水分と油分のバランスを整えていくことが大切です。
20代にオススメの保湿成分
セラミド、スフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロール、大豆レシチン
  • 30代
    高保湿成分を配合した乳液を選ぶとよいでしょう。セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲンが入ったものがおすすめです。
    30代になると、皮脂分泌量が減り、20代よりもさらに乾燥しやすくなります。乾燥による小じわやくすみも起こりやすいので、しっかりうるおいを補給して透明感のある肌に整えましょう。
30代にオススメの高保湿成分
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン
  • 40代
    40代は、新陳代謝が遅れて、シミやそばかすが肌に浮かびやすくなるため、美白乳液がおすすめです。
    ビタミンC誘導体が配合された乳液であれば、メラニンの生成を抑えるほか、抗酸化作用や新陳代謝の活性化の働きもあり、プレエイジングケアとしても効果を発揮してくれます。
美白に有効な成分
ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、カモミラET、コウジ酸
  • 50代
    エイジングケア成分が配合された乳液を取り入れましょう。
    50代は、乾燥に加えて、女性ホルモンの減少により、肌のハリや弾力が失われていく時期になります。
    加齢によって少なくなった成分を補ってくれるような乳液を選ぶことが大切です。
ハリを促す成分
ビタミンC誘導体、ナイアシン、ㇾチノール、ペプチド

肌悩みで選ぶ

乳液の中には、保湿成分以外にも美肌づくりに役立つ成分が配合されているものもあります。特定の肌悩みがある人は、症状に応じて適切な乳液を選びましょう。

ここでは、肌悩み別に乳液の選び方を紹介します。

  • ニキビに悩んでいる人

ニキビは、皮脂などの汚れや角質が毛穴に詰まって炎症を起こした状態です。症状が悪化すると、膿をもち痛みを伴うこともあるためできる限り早めに対処することが大切です。炎症を鎮め、細菌の繁殖を防ぐ効果のある乳液を選びましょう。

抗炎症成分
イブプロフェンピコノール、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン
殺菌・抗菌成分
レジルシン、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸
  • 毛穴が気になる人

毛穴には、皮脂の過剰分泌による開き毛穴、角栓が詰まり酸化して起こる黒ずみ毛穴、皮ふのハリ不足によるたるみ毛穴と3種類あり、それぞれの原因にアプローチする成分が配合された乳液を選ぶことが大切です。

開き毛穴に有効な皮脂抑制成分
米エキスNO.6、ダイズエキス、ローヤルゼリーエキス、ビタミンB2・B6、ビタミンC誘導体
たるみ毛穴に有効なハリ・弾力成分
コラーゲン、ヒアルロン酸、レチノール、ビタミンC誘導体、ナイアシン、ペプチド
黒ずみ毛穴に有効な汚れ吸着成分
サリチル酸、AHA
  • 小じわが気になる人

小じわは、加齢などによって真皮のコラーゲンやエラスチンが減少し肌の弾力不足になることで起こります。肌のハリ成分の生成を支える乳液を選びましょう。

肌のハリを助けてシワを改善する成分
ナイアシンアミド、レチノール、ニールワン
  • シミを予防したい人

シミ予防には、美白有効成分配合の乳液が有効です。メラニンの生成を抑えて新たにシミができることを防ぐことはもちろん、今あるシミの色を濃くならないようにする効果も期待できます。

美白有効成分
ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸、カモミラET

乳液の効果を引き出す使い方とテクニック

スキンケアをしている女性の画像

ここでは乳液の使い方と、乳液の効果を引き出すためのテクニックについて説明します。
正しく適量を、効果的に使うことで、肌への効果をしっかりと実感できるでしょう。

乳液の基本的な使い方

乳液は、化粧水の後に重ねてつけます。
つけ方は、手で付ける方法とコットンでつける方法があります。

<手で付ける方法>
1.乳液をティースプーン1杯程度、手に取る。

ティースプーン1杯の乳液の画像


2.乳液を手の上で温めてから両頬、額、鼻、顎先に分けてのせ、顔の中央から外側に向かって顔全体にのばす。

乳液を手のひらで温める画像


乳液のつけ方の画像

※乳液の量はメーカーによって異なる場合があるため、メーカーの指示があれば従いましょう。目元、口元は乾燥しやすいため、重ね付けをすると保湿力が高まります。

<コットンでつける方法>
1.コットンに500円玉サイズよりも多めに乳液を出してなじませる。

コットンに湿らせた乳液の画像

2.片側の頬、顎先、反対の頬、額、鼻、鼻の下、まぶた、目の下、フェイスラインの順にのばす。

乳液をコットンでなじませる画像

※コットンが乾いてきたら、必ず乳液を足し、摩擦が起こらないように注意する。

乳液の効果を上げるテクニック

乳液の効果をしっかりと実感するために、おすすめのテクニックがあります。
ここでは、乳液を使う前に行うとよいもの、乳液を使った後に行うとよいもの、乳液を使った3つの特別ケアを紹介します。

<乳液を使う前のマッサージ>
乳液を使う前に行うことで、顔の血流が良くなり、乳液の浸透率がアップします。
1.首筋をこぶしでほぐし、鎖骨のくぼみに到達したら押す。
2.両脇の横を親指で押し、脇の下をこぶしでほぐす。
3.両耳を上下前後に引っ張り、揉む。

乳液を使う前のマッサージの画像

<乳液をつけた後のハンドプレス>
手の温度で乳液を溶かし、肌に密着させて浸透力を高めます。
1.両頬を両手で包み、優しく押し込む。少しずつずらして頬全体に行う。

頬のハンドプレスの画像


2.目元、額も同様に優しく押す。

額と顎のハンドプレスの画像


3.目の周り、小鼻の周り、口角などは指の腹で押す。

口元目元のハンドプレスの画像


4.顔全体を両手で覆うようにしてハンドプレス。

頬のハンドプレスの画像


※最後、手を離したときに、「スパッ」と音がしたら、肌の水分と油分のバランスが整った合図となり完了です。

<スペシャルケア①乳液パック>
洗顔後に乳液をたっぷり塗り、5~10分放置してから洗い流します。
乳液の成分がしっかり肌に浸透し、保湿効果が高まります。
ラップを上から貼ると、乳液の蒸発を防ぎ効果的です。

<スペシャルケア②乳液シートマスク>
シートマスクを顔に貼った後、乳液を上から重ねて時間を置き、外した後も重ねて乳液をのせます。
乾燥がひどい時の集中ケアとしておすすめです。

乳液は肌質・年代・使用感・肌悩みで選ぶこと!

乳液とタオルの画像

乳液は、肌の水分蒸発を防ぎ、かつ、水分と油分を肌に与える効果があります。

乳液を使うことで、肌の水分と油分のバランスが整い、バリア機能が正常化し、刺激やトラブルに強い肌を作ることができます。

乳液を選ぶときは、自分の肌質、好みの使用感、年齢、肌悩みの4つに合うものを選びましょう。

また、乳液を使用するときは、適量を適切に、時には工夫して使うこと効果をしっかりと感じられます。

自分の肌に合う乳液を毎日のお手入れにプラスして、効果的なスキンケアを実践していきましょう。

「自分に合う乳液の選び方についてもっと詳しく知りたい!」「自分に合う乳液についてアドバイスを受けたい」人は、こちらへお問い合わせください。

対面もしくはオンラインにて、肌診断を行いおすすめの乳液やスキンケア方法などの紹介をさせていただきます。

お問合せから24時間以内に、担当者からメールでご連絡をいたします。

お急ぎの場合は、電話もしくはLINEから直接山本までご連絡ください。

TEL:070-3224-3723

LINE ID:yukk1n

R1R1

30代♀。愛知県常滑市で自宅サロンをしております。
得意分野はスキンケア。
お肌は、目や歯と同じく取り換えの利かない一生ものです。
お客様の肌をいつまでも健やかに保つために、効果的なお手入れ方法をお伝えしています。

<資格・受講研修>
日本化粧品検定1級取得
NOEVIRスキンケアアドバイザー研修受講済
NOEVIRスキンケアカウンセリング研修受講済
NOEVIRメイクアッププライマリー研修受講済
NOEVIRカラー研修受講済

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA